2011年04月15日

「地震に強い家づくり」を考える

こんにちは。

このブログでは、マイホーム購入を目指して情報収集したことを
書き綴っていきたいと思います。

今回の東日本大震災で
地震や津波のことを想定して建てられた家々も

無残に、大きな津波に飲み込まれ流されてしまいました。


「津波に強い家」は造れないのか?

現在の住宅などの建築物は
耐震・免震などの地震に対しての構造基準が設けられていますが、
津波に対しての基準はないのです。


建物の強さを決める基準も、

 ・地震による地震力
 
 ・台風などの風圧力
 
 ・屋根への積雪荷重 
          
           などが要素となっています。


もちろんこの基準にも、津波による水圧などは項目に入っていません。


本来、「津波は堤防で遮るもの」と認識をされているからです。


 【結論】

 水に流されないことだけを考えると、
 鉄筋コンクリートや重量鉄コンで造られていて、
 津波の高さから逃れられるであろう3〜4階建ての住宅は流されない。

ですが、現実的に考えると、コストの面でみんながみんなこの構造の住宅を建てるのは難しいですね。


「地震に強い家」はどんな家?

私の住む、関西地区では、南海地震というものが想定されています。
日本は地震大国で、どこにいても地震に遭遇してしまう可能性がとても高いのです。
今回の大地震の被害を目の当たりにして、
これから家を購入される方は、
「耐震・免震」も選ぶ時の大きなポイントとなってくるのではないでしょうか?


●地震に強い家の工法

各ハウスメーカーから「地震に強い家」が販売されています。

地震に強い家の工法というものがあるので、見ていきましょう。

 
 【木造住宅】

  ・木造軸組工法・・・・いわゆる在来工法で、
             基本的な柱と針の組み合わせで、斜めに筋交を入れて強度を持たせる。
  
  ・パネル工法・・・・・床・壁などの構造体を工場生産されたパネルを組みたてる工法。
             柱ではなく、面で強度を持たせる。

  ・2×4工法・・・・・・パネル工法と基本的には同じ構造で、
             2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に
             構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。


 【鉄筋住宅】

  ・コンクリート
     パネル工法・・・支えとなる鉄骨等にコンクリートパネルを組み上げる工法。
                  面で強度を持たせる。

  ・鉄骨軸組み工法・・・木造軸組工法の構造材を鉄骨にした工法。
             強度があり、設計の自由度も高くなる。

  ・鉄骨
   ユニット工法・・・・部屋ごとに鉄骨のユニットになっていて、
             大きなクレーンで積み重ねるように組み上げる工法。
 
 
●耐震住宅の基本


 【制震】 エネルギーを吸収し柔軟に揺れを制御すること。

  建物自体に粘りや柔軟性を持たせ、
  ある程度の揺れを許容しながらエネルギーを減退させ、損傷を防ぎます。


 【耐震】 強固な構造で壊れないことを目指すこと。

  建物自体を丈夫に造るという考えなので、
  地震に遭遇した場合、上の階へ行くほど揺れは大きく感じますし、
  家具などが倒れたりしないように、合わせて対策を行わなくてはいけません。

 
 【免震】 地震の揺れを逃がして建物に伝えないこと。

  建物を土台に固定せずに、その間にゴムやボールベアリング等を入れることによって
  揺れを建物に伝えない方法で、揺れは劇的に小さくなります。


地震に強い家を考えたると、上記の3つの考えが基本となってきます。







 


★東京のおうち探しはアムリッツ

★ヨーロッパのアンティーク雑貨、家具はル・ドゥセットアン

★電話サポートつきのレンタルサーバーはドメインキング

★自由度の高いサーバー環境を提供するVPSはserverqueen

★住宅ローンのお申し込みは大正銀行
posted by めぐるさん at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。